にらの栄養素

にらの健康成分
にらといえば、独特のにおいで知られるが、そのにおいは硫化アリルという成分で、消化酵素の分泌を活発にし、消化促進、食欲増進に役立つと共に、ビタミンB1の吸収を高める重要な役割を持っている。

また、にらに多く含まれるビタミンA(カロチン)は、100gで成人男子の1日の必要量の9割をまかない、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれる働きがある。 風邪の予防に欠かせないビタミンCも100g中25mgと豊富で、ビタミンB1・B2もバランス良く含んでいる。

さらににらには、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を防ぐ効果があるカルシウムが、ほうれんそう並に含まれ、鉄・カリウムなどのミネラル成分も豊富である。
にらは、成長期の子供や妊婦さん、中高年の方にぜひお勧めしたい食材である。

にらの料理法としては、野菜炒め、にら玉、みそ汁、にらレバー、にら雑炊、ギョウザの具と、工夫しだいで色々な料理が楽しめる野菜である。

にらの栄養素(食材100g当たり)

・カルシウムが48mg
・鉄が0.7mg
・カリウムが510mg
・カロチンが3500μg
・ビタミンB1が0.06mg
・ビタミンB2が0.13mg
・ビタミンCが19mg   他

 

投稿日: