にらの日本の歴史

にらは中国西部原産の野菜です。東アジアの各地に自生していますが、にらそのものはヨーロッパにはない野菜です。

日本のにら栽培の歴史は平安時代の記録に記されるほど古く、古事記では「加美良(かみら)」、万葉集では「久君美良(くくみら)」として登場。「にら」という名は、おいしいという意味の古語「美良」(みら)が変化(子音交替)した言葉といわれています。

江戸時代には、薬用として利用されており、食用として利用されるようになったのは、明治時代に入ってからです。戦前は家庭菜園での栽培が主で、あまり店頭には並びませんでした。野菜として消費が増えたのは戦後。現在では、ビタミン豊富で栄養価の高いスタミナ野菜として健康志向を背景に消費が伸びています。