家庭や外出先で簡単に食べられるスタミナメニュー

疲れがたまっている時、食事でスタミナ回復と考える人は多いと思います。でも、意外と食べるメニューは偏ったりするもの。今回は家庭や出先で簡単に食べられる5つのスタミナメニューを紹介。たまにはお気に入り以外のスタミナメニューを食べてみてはいかがでしょう?

1.豚キムチ丼
豚肉には、疲労回復効果が高いとされるビタミンB1が豊富に入っています。牛肉の数倍のビタミンB1が入っており、精神安定の効果もあります。一方のキムチは唐辛子が入っているため、食欲増進の効果があります。豚とキムチを組み合わせた豚キムチ丼は、疲れて食欲がない人にピッタリのスタミナメニューです。

2.うな丼
昔からウナギは疲労回復・精力増強の食べ物として知られています。ビタミンBが多く含まれていますので、少しの量でも効果があると言われています。近年、ウナギの価格高騰が話題になることが多いですが、うな丼は、ここぞという時に食べたいスタミナメニューです。

3.海鮮丼
実は魚介類を食べることでも、疲労回復の効果が期待できます。例えばマグロはオルニチンという成分が入っており、肝臓の疲労回復に効くと言われています。飲みすぎやタバコの吸いすぎにも良いとされています。シラスは体のエネルギーになるマグネシウムを含み、タコやイカ、貝類などにはタウリンが多く含まれています。これらは体の多くの臓器に必要な成分なので摂取することにより、疲労回復の効果が期待できます。

4.レバニラ丼
女性で、貧血気味で体がだるく疲れが取れないという方は大勢います。そのような女性にお薦めなのが、レバニラ丼です。レバーには鉄分が多く含まれているので、だるさ・疲れの元である貧血対策に効果があると言われています。

5.とろろ丼
山芋は消化酵素が多く含まれているため、胃腸の疲れを取る効果があると言われています。特に生のまま、すりおろしたとろろが効果的です。

ここに挙げた5つのスタミナメニューであれば、家でも簡単に作れますし、街の料理屋でも提供しているところは多いと思います。暑い季節や疲れ気味の時は、これらのメニューを食べて、スタミナアップにつとめましょう。

GYメディカルでは、ニラレバ炒めのスタミナ効果を持つ世界初のニラレバサプリ、レバニラシードを扱っております。レバニラシードは葉よりも栄養素が豊富なニラの種、鶏や牛よりも栄養素が高い豚レバーを使っており、40代、50代の方を中心にご好評をいただいております。毎日のスタミナや健康維持に、レバニラシードをぜひ一度お試しください。

投稿日: